給付金額

B型肝炎の給付金額

病状に応じて、あらかじめ定められた金額の給付金が国から支給されます。そのほか、定期検査費用などの支給や弁護士費用の補助もあります。当社では、B型肝炎の給付金請求に関する弁護士へのご相談は無料です。ご不明な点は、ご遠慮なくお問い合わせください。

死亡、肝がん又は肝硬変(重度)

発症後、20年経過していない

3600万円

発症後、20年経過している

900万円

肝硬変(軽度)

発症後、20年経過していない

2500万円

発症後、20年経過している

治療中600万円

治療していない300万円

慢性B型肝炎

発症後、20年経過していない

1250万円

発症後、20年経過している

治療中300万円

治療していない150万円

無症候性キャリア

集団予防接種の日から、20年経過していない

600万円

集団予防接種の日から、20年経過している

50万円+検査費用等

無症候性キャリア…B型肝炎ウイルスに感染しているが、肝炎を発症していない(検査では肝機能が正常な)方上記給付金の支給を受けた方の病態が進展した場合には、既に支給された給付金との差額分が追加給付金として支給されます。

その他の給付

上記一覧表の給付金額以外に、訴訟手当金として以下費用も支給されます。

  • 給付金の請求訴訟にかかる弁護士費用として、上記給付金額の4%相当額
  • 特定B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用の一部
  • 感染後20年経過した無症候性キャリアの方には、次の検査費用なども支給されます。
  1. 慢性肝炎などの発症を確認するための定期検査費用
  2. 母子感染防止のための医療費
  3. 世帯内感染防止のための医療費
  4. 定期検査手当

気軽に利用できる無料法律相談 法律相談実績2093件(平成28年12月時点)

大阪・兵庫エリアのB型肝炎訴訟・給付金のことなら弁護士法人アルテの無料法律相談をご利用ください。

夜10時まで弁護士面談 土日祝も相談受付中

阪神尼崎駅前

ご相談予約専用フリーダイヤル/通話料無料/完全予約制 0120-066-435(受付時間:9時~21時(相談は22時まで対応))

メール・FAXでのご予約(24時間受付)

相談料0円・着手金0円